美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

インプラントQ&A

最近では、インプラント治療がとても普及してきました。自分の歯と同じように噛める!入れ歯のようにお手入れが面倒くさくない!など、たくさんのメリットがありますが、同時にテレビや雑誌などでインプラントのトラブルが多く報道され、不安を感じている方も多いのではないでしょうか?今回は、インプラントに関する様々な疑問や不安にQ&A方式でお答えします!

インプラントは何歳でもできるのですか?
年齢より骨の状態で左右されます。20歳くらいで顎骨の成長が止まってから、80歳を超えても顎の骨が丈夫であれば大丈夫です。

金属アレルギーがあるのですが、インプラントをしても大丈夫でしょうか?
インプラントに使うチタンは最も生態親和性に優れた金属で、人工関節や人工心臓に使われているものです。心配であればチタン・アレルギーの検査を受けられる病院を紹介します。

歯以外に疾患がある場合、治療は受けられますか?
疾患の程度によっては手術が難しいこともあります。医師にご相談ください。
重度の全身疾患、重度の糖尿病や肝臓病、骨形成不全、骨粗鬆症など骨の量と質が悪い人、ガンなどの放射線治療を受けた人、血液疾患のある人、ヘビースモーカー、薬物・アルコール中毒者、寝たきりや認知症などで自分で歯磨きができない人、歯周病の治療をしていない人、などはインプラント治療が難しいといわれています。

治療にはどれくらい時間がかかりますか?
インプラントの治療期間は、骨とインプラントがくっつくまでの時間が必要で、上顎で約6カ月、下顎で約3カ月かかります。インプラントの欠点の一つがこのように治療期間が長くなることです。この期間は仮歯をいれていただきますので、普通に生活していただくことができます。

手術が怖いです。時間はどのくらいですか?かなり痛いですか?
当院では、通常の手術で1時間程度、上顎の骨を造成する場合でも2時間から3時間あれば完全に終わります。もちろんその日のうちにお帰りいただけます。
また、手術は麻酔をかけて行ないますので、術中の痛みはありません。術後、少し痛むことがありますが、通常は2〜3日でおさまります。

インプラントはどれくらいもちますか?
天然歯と同様に歯周病になると考えてください。きちんとメンテナンスしていけば長期間の使用にも耐えます。長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行ってください。

インプラントをするとMRIができなくなるって本当ですか?
ハレーション(※写真の像で、特に強い光の当たった部分の周りが白くぼやける現象)が起きるといわれています。見えない部分ができることがあります。しかし近年では、撮影角度を変えるなどで対応できる場合がほとんどで、撮影のためにインプラントを外すことはまずありません。
この他にもインプラントに対する疑問や不安などがございましたら、どうぞお気軽にお問合せください。

 

院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

入れ歯・ブリッジ・インプラント

★★もしも歯が抜けてしまったら?
虫歯や歯周病や事故で歯が抜けてしまううまく噛めなくなるなど不自由が出るのはもちろんですが、抜けたままにしておく咬み合わせがおかしくなることによって、周りの歯がとび出てきたり倒れてしまったりなど、様々な問題が出てきます。しかし、きちんと治療をすれば咬む力が回復します。今回は歯を補うための様々な治療法のメリットとデメリットをご紹介します。

ブリッジ
ブリッジとは、抜けてしまった歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れるものです。自費治療では美しいジルコニアやセラミックのものを選ぶことができます。
 ■ブリッジのメリット
見た目が良い
・違和感が少ない
・保険を利用すると治療費が安い
 ■ブリッジのデメリット
・両隣の健康な歯を削る必要がある
・汚れがたまりやすい
・両隣の土台の歯に負担がかかる 

入れ歯
入れ歯とは、歯を歯の根ごと失ってしまった場合に、その隙間を埋めるためのものです。部分入れ歯から総入れ歯まであります。自費治療では違和感が少なく、目立ちにくいタイプもお選びいただけます。
 ■入れ歯のメリット
・ブリッジのように歯をたくさん削らなくて済む。
・取り外しができる
・保険を利用すると治療費が安い
 ■入れ歯のデメリット
・違和感が大きい
・固いものを噛みにくい
・あごの骨が痩せて合わなくなると
作り直さなければならない 

インプラント
インプラントとは、失ってしまった歯の代わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作る治療法です。とても良い治療ですが、下顎で3ケ月、上顎で4ケ月程度の期間が必要です。
 ■インプラントのメリット
・異物感がない
・両隣の健康な歯を削る必要がない
・もとの歯と同じように噛める
 ■インプラントのデメリット
・治療費に保険が利かない
・手術が必要
・時間がかかる 

どの治療法の場合も、長持ちさせるためには定期的なメンテナンスや調整が大切です。残っている健康な歯を守るためにも、4〜6か月に1度は定期検診を受けるようにしましょう。

院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

歯ブラシ だけじゃ 汚い!?

 歯磨きだけでは 汚れは落ちない

歯ブラシによる歯磨きだけでは、歯と歯の間や歯周ポケットまでブラシが届かず、お口の中のプラーク(歯垢)は60%くらいしか落ちません。プラークはバイ菌の塊ですから、そのままにしておくと90日程度で為害性が出て、虫歯や歯周病が発症します。
歯ブラシが届かない場所の汚れにはデンタルフロスでの掃除が有効です。ご健康を保つために、毎日の歯磨きに ≪フロスケア≫ を是非プラスしてみてください。


デンタルフロスの使い方
1、40僂らい容器からフロスをだし、中指にくるくる巻きつけます。ピンと張ったフロスを人差し指と親指で1〜2僂隆岾屬任弔泙澆泙(右図)。

2、前後(左右)にスライドさせながら、ゆっくり歯と歯の間に挿入します。
(上下に勢いよく動かすと歯ぐきを傷つけてしまうのでご注意!)
ポイントは 〇紊隆岾屬鮹擦する △口の奥へフロスを入れるときは、親指を離し人差し指だけで入れる ことです。

3、次の場所は、フロスのきれいな部分を使ってお掃除しましょう。

4、 全ての歯の掃除が終わったら軽くうがいをして汚れを洗い流します。

フロスを習慣づけるには、歯ブラシの前の≪フロスケア≫がおススメです。


使用の注意点
1、フロスをかけたら血が出た
  正しい使い方をしても、使い初めは歯ぐきから血が出る人がいます。それは、歯ぐきに炎症(腫れ)があるからです。通常は根気よくフロスを続ける次第に炎症がおさまり、徐々に出血しなくなってきます。ただし、2週間以上たっても歯茎の炎症・腫れが収まらず出血が続くような場合には、歯科室へお越しください。処置が必要な重い歯周病にかかっている可能性があります。

2、フロスが引っかかる・切れる
  フロスが歯と歯の間に引っかかったり切れたりする場合には、その部位に虫歯がある場合があります。できるだけ早くご来室、ご相談ください。

3、歯と歯の隙間が大きい
  歯と歯の間が広く、フロスがスカスカの場合には歯間ブラシをお勧めします。ただし歯間ブラシには色々な太さがあり、太すぎる歯間ブラシを使うと、かえって歯や歯ぐきを痛める恐れがあります。お手数でもご来室のうえ、歯科医師または歯科衛生士にご相談ください。

毎日の歯磨きとフロスケアに加え、4〜6か月に1度は歯科室でプロの口腔ケアも忘れずに。

院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

歯を磨いているのに・・〜歯周病〜

 日本人が歯を失う原因とは?
日本人が歯を失う2大原因は「むし歯」と「歯周病」です。
日本人の一人あたりの平均現存歯数は、20代で29本、30代で28本、40代で27本と少しずつ減ってくるのですが、50代になると24本、60代で18本、70代では12本と、40代を境に急速に失われていきます。
20〜30代で歯を失う原因は、虫歯も多いですが、40代以降の歯を失う原因の多くは歯周病です
このように考えると、歯周病は中年以降の人の問題と思われがちですが、その発症は早く、20歳以降の成人の約90%近くが歯周病にかかっていると言われています。

歯周病とはどんな病気?
歯周病になると歯ぐきに化膿性の炎症が起こります。歯を支えている骨がやせ、歯が支えを失ってグラグラになり、最終的には抜けてしまいます。歯周病菌が出す毒素のために口が臭くもなります。
20代から痛みもなくじわじわと進行していくので、サイレント・ディジーズ(静かなる病気)とも呼ばれています。

歯周病の原因と症状
歯周病の一番の原因は磨き残し(プラーク)です。プラークの中にいる歯周病菌が歯と歯茎の隙間で大繁殖すると、歯周病の色々な症状を引き起こすのです。
症状は、1、歯を磨くと血が出る。2、時々歯肉が腫れる。3、口臭がする。4、歯が長くなったように感じる(歯肉が後退したように感じる)。5、歯と歯の隙間ができて食べ物が挟まりやすくなる。6、歯がぐらぐらと動くようになりよく噛めなくなる。7、歯が抜ける。という順序で進行します。

★★歯を磨いているのに・・・★★
 歯周病の予防には、歯磨きなどのセルフコントロールが大切と言われます。もちろんとても大切です。
ただ、別の問題として歯周病菌に感染をしているのに抗体が出来ない人の存在が分かってきました。
歯周病菌に感染しても「その抗体がない」ということは、歯周病が一気に進ということです。
このような危険性を避けるために、歯周病の予防は歯科医院でのメンテナンスがとても重要になります。
歯石除去歯のメンテナンスレーザー殺菌などの処置を受けてください。
健康で、楽しい食生活のために、歯周病菌をできるだけお口の中から追い出しましょう!

院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

よく咬んで食べよう

残暑お見舞い申し上げます。
ロンドン・オリンピックでは熱戦が繰り広げられています。
日本選手のメダル獲得のニュースが毎朝楽しみですね。

さて、暑い夏は食欲が落ちて、冷たくてのど越しの良いものに手が伸びますね。
そして咬まずに飲み込みがち・・・。
そこで今月は【よく咬んで食べよう】をテーマにしました。


咬む回数が激減している!?
みなさんは普段よく咬んで食事をしていますか? 咬むことは普段何も意識しない行動ですが、実は全身の健康と深い関係のある、とても大切な動きです。
現代人が一度の食事で咬む回数はおよそ600回程度。1,400回咬んでいた昭和10年代の人より、半分以下にまで減っているという研究データがあります。その原因は、柔らかくて美味しいものが増えたことや、咬まないでも食べられる食事内容が増えたからだといわれています。

『よく咬む』効果と本当の意味
ところで、よく咬むことはどんな効果をもたらすのでしょうか?
1、十分な唾液の分泌が見込め、消化が良くなる。
2、唾液がたくさん分泌されることにより、虫歯になりにくくなる。
3、フェイスラインが引き締まり、表情が豊かになる。
4、脳内の血流がよくなり、学習能力が高まる。認知症の予防につながる。
5、肥満、生活習慣病の予防につながる。
などの効果が期待できると言われています。
ただ、ここで気をつけたいのは『よく咬む』というのは、咬む回数のことだということ。
むやみに『硬いものを食べよう』という意味ではないということです。

★よく咬むための工夫をしよう
1、一口の量を減らす
一口の量をいつもより少なくしましょう。咬む回数が多くなり、食事の時間もゆったり長くなります。
2、多様な食品を選ぶ
どうしても夏場はのど越しが良く、冷たい食品を選びがち。タワーサイド歯科室では1年間365日毎日、翌日分の献立&食育・子育て情報を配信しています。ご健康増進のためにどうぞご利用ください。
3、ガムを咬む
1回の食事で咬む回数は、およそ600回ですが、ガムは10分間でおよそ550回も咬んでいるそうです。当院でも虫歯予防効果のあるキシリトールガムを取り扱っています。

★歯列矯正で正しい咬み合わせを!
よく咬むためには咬み合わせが重要です。乱れた歯列は見た目が悪いだけでなく、むし歯や歯周病の温床となります。歯列矯正をすれば、美しい歯並びになるだけでなく、体の健康にもつながります。
お早目にご相談ください!

院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

矯正で 歯が動く メカニズム

 なぜ 矯正治療で 歯が動くの?
歯の根は、顎の骨の中にしっかりと埋まっています。
骨にしっかりと支えられた歯が動くのって不思議だと思いませんか?
矯正治療でなぜ動かすことができるのでしょうか?

骨吸収と骨形成
歯が動くことをご理解頂くには、骨吸収(こつきゅうしゅう)と骨形成(こつけいせい)という体の働きを説明する必要があります。
骨吸収とは破骨細胞(はこつさいぼう)という細胞によって古い骨が分解され壊されていくこと。
一方、骨形成とは、骨芽細胞(こつがさいぼう)という細胞により、新しい骨が作られることです。 
 
骨は絶えず骨吸収と骨形成を繰り返しており、人間の場合、約5年で全身の骨が入れ替わると言われています。
この働きを「骨の代謝機能」(リモデリング)といいます。
矯正治療は、この「骨の代謝機能」をうまく利用し、自然の力で歯を動かすのです。

こうして歯が動く!
歯の根は、歯槽骨(しそうこつ)という骨に埋まっています。骨に埋まっている「歯根」は、「歯根膜」という膜に覆われ骨とつながっています。歯列矯正は、歯にブラケットという器具を付けたり、アライナーというマウスピースをはめて、歯を動かしたい方向に力をかけます。こうすると、動かしたい方向の歯根膜と歯槽骨は圧迫され、その逆側の歯根膜は引っ張られるという現象が起きます。

           

圧迫される側は破骨細胞によって骨吸収されて隙間ができ、その隙間に歯が動きます。そして歯が離れる側は骨芽細胞によって骨形成されるのです。
こうして歯が動くスピードはとてもゆっくりで、1か月につき約0.5ミリ〜1ミリ程度。ですから矯正治療には時間が必要です。

自然の力を利用しているから安心
矯正治療の原則は、整形手術のように外科的な処置で歯を動かすのではなく、あくまでも自分の体がもっている「骨の代謝機能」(リモデリング)を利用するので、歯や体に大きな負担をかけずに歯を動かすことができるのです。また、矯正は成人になってからでは遅いと思われがちですが、このような自然な力を利用するので誰でも治療を受けることができます。
矯正をお考えの方は、ぜひ一度ご相談くださいね。
院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

レーザー殺菌

ガンの早期治療に、「癌細胞だけを感光物質で染めだし、それを目印に光をあてて破壊する」という話を聞いたことがありませんか?この治療法を【PDT】(光線力学的療法):Photo-Dynamic Therapyと言います。今月は【PDT】の歯科での応用をお知らせします。

ガンを染めだす
例えば癌を治す際、癌細胞と、正常組織をどう見分けるか・・・これは大変重要なことです。
そこで癌や病変部を染めだしてくれる光感受性物質を使うことがあります。これにより正常な組織と癌細胞の識別が簡単にできるようになります。癌以外にもこの「染めだす」という方法は用いられ、現在よく使われる光感受性物質には、疾患により次のよう薬剤があります。
 肺がん⇔レザフィリン                  肺がん⇔フォトフリン 
  にきび⇔アミノレブリン酸    加齢黄班変性⇔ビスダイン
 
PDT(光線力学的療法)とは
『光感受性物質で標的を染めだし、それを目印に光で標的をやっつけてしまう治療法』のことをPDT(光線力学的療法)と言います。光には低出力レーザーが良く使用されます。言い換えるとPDTに必要なものは、レーザーと、レーザーをあてると化学反応を起こす光感受性物質だということになります。
PDTは、正常組織にほとんど障害を与えることがなく、低エネルギーで病変部を治療することができ、レーザー光照射によって様々な病変に対して治療が可能です。

歯科では
人のお口の中には500種類以上の細菌が生息しています。その中のいくつかがお口の中の病気を引き起こします。代表的なのが【歯周病菌】。現在歯周病菌の退治には抗生物質投与を行うのが一般的です。しかし繰り返し腫れてしまう部位がでは抗生物質を繰り返し使用することとなり、耐性菌の問題が出てきます。
この歯周病菌の殺菌にPDTが利用されています。また、歯の根の治療や虫歯治療、親不知周囲の歯肉が腫れた時など、殺菌を必要とする多くの場面で利用されます。
LAD(Light Activated Disinfection)【光殺菌】と呼ばれることもあります。

PDTと 抗生物質の比較
PDT ⇔ 抗生物質
既に抗生物質への耐性を持った細菌にも効く
                           ⇔ 耐性菌には抗生物質は効果がない
予防のために繰り返して照射できる
                           ⇔ 症状が出ていない時には抗生物質は使用しない
局所的な処置ですむお薬は全身に効く
院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

喫煙と歯周病の関係



今月はスカイツリーが開業になりますね。早速行かれる予定の方、行かれたら是非展望室からの“絶景”を教えてくださいね。 

さて今月の院内報 【伝人】 は

『喫煙と歯周病の関係』

をご説明します。




歯周病とは
歯周病は、歯周組織が歯周病菌に感染しておこります。歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したりし、最終的には歯を支える骨が溶けて歯が抜けてしまう、日常生活に直結する大変厄介な病気が歯周病。日本人が歯を失う最大の原因です。

喫煙習慣
のある人では、歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため、タバコを吸わない人に比べて約3倍も歯周病になりやすいという報告があるのです。



喫煙が歯周組織に与える影響
1、 歯周病菌と戦う白血球の機能が低下する
2、 タバコのニコチンにより、歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管が収縮してしまう。
3、 歯肉を修復するために必要な細胞の働きが抑制される。
4、 歯と歯肉の間の酸素が不足し、歯周病菌が繁殖しやすい環境を作ってしまう。


喫煙者の歯周病の特徴
歯周病は、進行に痛みを伴わないため、「沈黙の病silent disease」と呼ばれるほど気づきにくい病気です。痛みを感じたり、歯がグラグラしたりして異常に気が付いたときには、もう取り返しのつかないところまで歯周病が進行しています。

ただ気づきにくい病気とはいうものの、「歯ぐきの腫れ」「ブラッシングの際の出血」などは、注意をすれば気づくことが出来る歯周病の症状です。
しかし喫煙をしていると、ニコチンの強力な血管収縮作用によって出血が抑えらてしまいます。その結果、歯周病の症状である腫れや出血が隠され、気づかないうちに重症化してしまうことが多くなってしまうのです。


禁煙しましょう
既に喫煙習慣のある人も、禁煙をすれば歯周組織は本来備わっていた機能を回復することができます。軽い歯周病の場合は、歯科医院での歯周治療によって1年後には本来の健康な状態に回復することができるでしょう。しかし、重い歯周病の場合は喫煙習慣があると治りにくく、歯の寿命を短くします。

喫煙は
、歯周病の他にもガン、糖尿病、脳梗塞など、たくさんの病気と結びついています。そして、かわいい子供たちなど周りの人々にも受動喫煙の害を及ぼします。さらに喫煙しなくても、歯周病が細菌性心内膜炎、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などの病気と大きく関わっていることが分かっています。

(拙書『咬み合わせが気になったら読む本』の16ページ〜をご参照ください。)

健康な生活を送るために、是非禁煙をお勧めします。

院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

セルフケアを見直そう

大切な歯と永く付き合うために、今月は日頃のセルフケアを見直してみましょう。

きちんと磨けていますか?
歯周病・虫歯予防の基本と言えば・・・歯磨きですね。
歯磨きは毎食後3分以内に行うのがお勧め。ただ、きちんと磨いているつもりでも意外に磨けていないのが、奥歯のかみ合わせ歯と歯ぐきの境目歯と歯の間です。これらの部位は特に手鏡でよく見ながら磨きましょう。

睡眠中は唾液の分泌がとまりお口の中の菌が活発化するので、夕食後の歯磨は特に念入りにしてください。

また朝起きてすぐのお口の細菌数は猛烈に多いのをご存じですか?ですから朝起きてすぐの歯磨きを追加するのもいいですね。少なくとも朝起きてすぐうがいはしましょう。

さらに、虫歯予防にお勧めなのがキシリトールガム
これについては2011年6月の院内報をご参照ください。


液体ハミガキ洗口液は時々お好みで
歯磨きの爽快感をさらに高めるため、液体ハミガキや洗口液を時々使用するのもいいでしょう。
 液体ハミガキ
 歯磨ペーストの代わりに使うもので、液体なのでお口の中の隅々までいきわたる特徴があります。
 歯磨きの前に使ってから歯を磨きます。洗口液ではないので歯磨き後はお水で口をすすいでください。
 洗口液
 歯磨きとは関係なく、お口の中をすっきりとさせるものです。歯磨きの仕上げとして使用したり、お口の中がすっきりしない時に使いましょう。使用後、お水で口をすすぐ必要はありません。


歯間掃除用具を使おう!
歯と歯の間に隙間がある人は、デンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。歯ブラシでは取れない歯垢を除去することができます。人によって合う道具や大きさが違いますので、必ず歯科医院でご相談ください。


歯科医院のメンテナンスを受けましょう
セルフケアだけでは除去することができない歯石や、歯周ポケットにたまった歯垢は、プロの手で落としてもらいましょう。磨き残したばい菌は4ヶ月程度で毒性が強くなり、歯周病を進行させて歯を支える骨を溶かしたり虫歯の原因になります。そのため、必ず定期的に歯科医院でプロの手できれいにしてもらいましょう。差し歯や詰め物も長持ちし、歯周病の進行や虫歯も抑えることができます。
院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |

歯周ポケットってなぁに?

今月は【歯周ポケット】の説明をしましょう。 

歯周ポケットとは?
歯周ポケットとは、歯と歯茎のあいだの溝のことです。健康な状態では1〜2ミリ、歯肉炎の場合は3〜5ミリ、重度の歯周病の場合は6ミリ以上の溝があります。
歯周ポケットの深さは、プローブという専用の器具で測定します。
歯根の長さは10数ミリですので、6ミリ以上の溝というのは、かなり不安定な状態ということが想像できますね。

どうして歯周ポケットは深くなるの?
歯磨きがきちんとできていないと、歯周ポケットの周りにプラーク(細菌と汚れの塊)が溜まり、次第に歯周ポケットの中に入ってしまいます。歯周病菌が内部で炎症を起こすと、歯と歯茎の間が次第に剥がれ、周囲の歯肉も腫れるので、溝が深くなっていくのです。

歯周ポケットの問題点
・歯周ポケットに汚れがたまる
歯周ポケットは、うまく歯磨きができないところにできやすいのですが、ポケットが深くなることでますます歯ブラシが届かなくなり、汚れがどんどんたまりやすくなります。
・歯茎の腫れを引き起こす
汚れが歯周ポケットにたまると、歯周病菌の働きで炎症が起きます。炎症が起きると歯茎が腫れて、傷んだトマトのようにプヨプヨになり、出血しやすくなります。
・歯がしみやすくなる
歯と歯茎の溝が深くなり、敏感な根元の部分に冷水などがふれるとしみてしまいます。
・口臭が強くなる
ポケットの中に汚れや細菌が溜まっているため、口臭が強くなります。
・歯がぐらついてくる
やがて、歯周病菌の毒素等で歯を支えている歯槽骨が溶けていきます。最終的には歯がぐらついて抜けてしまいます。

予防法は?
歯周ポケットの深さは自分ではわかりません。また、4ミリ以上の歯周ポケットの汚れや歯石は歯磨きでは落とせないので、歯科医院での専門の処置が必要です。
歯茎が腫れぼったくなったり、歯磨きの際に血が出る方は、すぐに受診してくださいね。
歯周病や虫歯の一番の予防法は丁寧な歯磨きです。歯周ポケットをつくる原因となる、細菌や汚れを歯の表面につけないように、日ごろから歯と歯肉の境目を中心に、丁寧に歯を磨きましょう。
院内報【伝人】2012 | permalink | - | - | pookmark |