美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

よく噛んでダイエット!

taijyuu.png

新年会、お正月のごちそうで体重が右肩上がり…なんていう方はいらっしゃいませんか?暖かくなって薄着になる前に、ポッチャリ体形になった体を戻したいと焦っているアナタ!歯とダイエットの関係について考えてみましょう。


 

 

キーワードは「咀嚼」!
食べ物をよく噛んで味わうことを「咀嚼(そしゃく)」と言います。これは私たちが生きていく上でとても大切なことです。健康な良い歯で、食べ物をしっかりとよく噛んで食べることは、全身の健康に大きな影響があり、なんと、ダイエットにも威力を発揮するのです。
よく、「早食いをすると太る」と言いますが、言い換えれば「しっかり噛まないと太る!」ということです。よく噛んでいれば、満腹感を得ることができ、食事量や間食も減ります。よく噛んで食べると胃腸への負担が減り、便秘解消にもつながって全身の新陳代謝が促進されていきます。そのうえ、上下のあごの骨や顔の筋肉が引き締まってくるので、小顔効果もでてくるのです!


現代人は咀嚼が足りない
himiko.png現代人は、食事にかける時間が減ってしまったこと、軟らかい食べ物を好むようになったことなどから、噛む回数が激減しているそうです。現代人が一度の食事で噛む回数は約600回。多いような気もしますが、戦前は1400回、弥生時代までさかのぼると、なんと4000回も噛んでいたそうです。
学校食事研究会では、よく噛むことの大切さと効能を知ってもらうために「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語を掲げています。食べ物をよく噛んで食べると全身に様々な良いことがあります。大切なことなのでご紹介しますね。
ひ …肥満を防止する:時間をかけてよく噛めば、満腹中枢が働いて食べ過ぎがなくなる。
み …味覚を発達させる:いろいろな種類の食べ物を食べれば、味覚が発達する。
こ …言葉の発音をはっきりさせる:あごが発達し、歯並びがよくなり、口の周りの筋肉が発達するので発音がよくなる。
の …脳を発達させる:あごを使えば脳細胞が活性化される。
は …歯の病気を予防する:あごの骨や歯ぐきが鍛えられ、唾液が虫歯や歯周病を予防する。
が …がんを予防する:唾液に含まれる物質が、発ガン物質の働きをおさえる。
いー…胃腸の働きをよくする:食べ物が消化しやすくなり、胃腸の負担が軽くなる。
ぜ …全身の体力向上:瞬間的に力を出す時、奥歯をかみしめて力を発揮できる。

 

但し、「よく噛む」という事には、実は注意が必要です
詳しくは http://blog.tower-side.net/?eid=300 をご参照ください。
定期的な口腔メンテナンスを受け、今年も1年、美しく、豊かに、健康に過ごしましょう!

 

院内報【伝人】2018 | permalink | - | - | pookmark |