美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チェックアップ | main | 勝浦の朝市 >>

ステイン(歯の着色汚れ)

 

風薫る5月。新緑がまぶしい季節です。過ごしやすい気候になると、フットワークも軽くなり、どこかへ出かけたくなりますね。

そんな時、「あれ、歯が痛いぞ・・・」では困ります。普段からのメンテナンスに是非おいでくださいませ。

また、5月の第2日曜日は「母の日」です。いつも家族を優先して自分のことが後回しになりがちなお母さんへ、今年はどんなことを企画しましょうか。

(昨年何をしたのか、私はいつも忘れてしまいます^^;



            ステイン(歯の着色汚れ)

白い歯は健康的で素敵です。いつもきれいな白い歯で、笑顔を忘れずに生活したいものですね。

でも鏡でお口の中を見てみると、歯が黄ばんだり汚れていることがあります。

なぜ、歯が黄ばんだり汚れたりするのでしょうか?

歯の変色

  歯の変色には、大きく分けて外的要因と内的要因の2つがあります。

今回は外的要因の1つである「ステイン(歯の着色汚れ)」について考えてみましょう。ステインの本来の意味は、「汚れ・しみ」等です。

ステインの原因

  ステインの主な原因は、コーヒー・紅茶・緑茶・赤ワインなどに含まれる渋み成分のタンニンやタバコに含まれるニコチンタールです。これらは歯の表面に時間をかけて少しずつ沈着していきます。また摂取量が多ければ多いほど、歯の表面に沈着する量が増加します。病的なものではありませんが、黄色や褐色に着色するので歯が汚れて見えてしまう訳です。

なぜステインがつくの?

  歯の表面(エナメル質や象牙質)は、唾液が付着して作られるペリクルという皮膜で覆われています。

タンニン、ニコチン、タールは、唾液中のカルシウムや金属イオンなどと化学反応を起こし、ペリクルと強固に結びついてステインとなるのです。

湯飲みに茶渋がつくようなものですね。

ステイン除去は歯科医院で

  ステインは頑固なので、いったん付着すると家庭で落とすことは難しいものです。そして、歯がすり減ってしまうため市販のステイン除去用ヤニ取り用の歯磨き粉でゴシゴシ磨くことはしない方が賢明

歯科医院では、頑固な着色でも専用の用具(ジェットポリッシャー)で歯に細かな粒子を吹き付けて、歯を傷めずにきれいに除去してくれます。

保険は効きませんがそれほど高い処置ではありません。

予防するには?

コーヒー紅茶などがお好きな方や愛煙家の方は、歯科医院できれいにしてもらった後で、歯科医院オススメの歯磨きペーストを使って、歯と歯の間や歯並びの凸凹している部分などに気をつけて丁寧に磨いてください。

ステイン再付着を遅くすることができます。

つまり毎日コツコツ丁寧な歯磨きをするのがステイン予防の基本です。

また、愛煙家の方はご健康のためにも禁煙することをご検討ください。



今月号は以上となります。いかがでしたか? 

院内報は、また来月発行です。

ご興味持っていただき、ありがとうございました。
院内報【伝人】2010 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする