美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 珍客 | main | so cute >>

ちょっとまって!その熱中症対策は「歯」に危ない!

脱水症状を起こしやすい暑い季節、外出先や運動時にこまめに水分を補給するのはもはや常識ですね。でもその際、スポーツドリンクを長時間かけてチビチビ飲んでいませんか?
体に良いとされるスポーツドリンクですが、実は「歯」にはとても悪いのです!

熱中症ってなに?
人は一般的に一日2.5リットルの水分を尿や汗などで体から排出します。体の中には一定量のナトリウムを含んだ血液が循環していますが、一度に大量の汗をかくと血液中のナトリウムが薄くなり、これ以上濃度が低くならないよう水が飲む気がなくなります。これを自発的脱水と言います。この状態になると汗が止まってしまい、やがて体温が40度を超えて死に至る危険な状態になります。これが熱中症です。

スポーツドリンクは本当に体にいいの?
スポーツドリンクは、大量の汗によって失われた水やミネラルを補給するための飲料です。甘みが少ないものが多いので気づきにくいのですが、実は大量の糖分が含まれています。スティックシュガー4本以上、炭酸が含まれているものは、スティックシュガー8本分もの量が含まれているものがあります。さらに、スポーツドリンクにはクエン酸やアミノ酸などの酸が含まれています。これが問題です。酸には歯を溶かす働きがあるからです。つまり、スポーツドリンクを飲みすぎると、虫歯のリスクが増え、さらに歯が溶けて酸蝕歯(さんしょくし)になることがあるのです。

酸蝕歯(さんしょくし)とは?予防法は?
酸蝕歯とは、飲食物の酸によって歯が溶けてしまった状態の歯を言います。進行すると、歯がまだらに着色したり、知覚過敏や虫歯のような症状を引き起こしたりします。重症化すると、歯にひびが入ったり、クレーターのような穴があいてしまうこともあります。
酸蝕歯を予防するためには、スポーツドリンクを飲むときに、チビチビと長時間飲み続けるのは避けましょう。また、喉が渇く前に回数をわけて摂取し、飲みすぎない工夫をしましょう。さらに飲んだ後は、水でうがいをしてお口の中の酸を洗い流すことを心がけましょう。

では熱中症対策は?
熱中症対策の飲み物として糖分や電解質を含む経口補水液が推奨されます。経口補水液には、酸が入っておらず、ご自宅で作ることもできます。ぜひ試してみてください。ただ、糖分が含まれますので、チビチビ飲んでいると虫歯の原因になることを十分注意してください。
 
院内報【伝人】2014 | permalink | - | - | pookmark |