美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今夜は中秋の名月 | main | 虹予報 >>

フッ素ってなんだ?

お店で売っている歯磨き粉やマウスウォッシュの成分表をみると、必ずと言ってよいほどフッ素が含まれています。
フッ素とは身の回りにあるほとんどの物に含まれている元素のひとつで、歯や骨をつくるために大切な役割を果たすほか、むし歯予防にも大きな効果があります。

どんな働きをするの?

1.むし歯菌の働きを 抑制する
むし歯菌の酵素の働きを抑制し、歯を溶かす酸を作らないようにします。
虫歯菌の栄養となる糖の取り込みの邪魔をして、菌が歯にくっつくためのネバネバを作らせないようにします。


歯質を強化する
歯の表面のエナメル質をかたく丈夫にします。
歯のエナメル質結晶の弱い箇所を修復して、より強固な結晶を作ります。


どんな効果があるの?

妊婦さんに
赤ちゃんのお口の中には、もともとむし歯の原因になるミュータンス菌は存在しません。
お箸・スプーンの共用や口移しなどで、お母さんのミュータンス菌が赤ちゃんのお口へ移るのです。
妊娠中から、キシリトールガムやフッ素などでむし歯菌を減らしておくことが大切です。
おすすめ→PMTC(歯科衛生士が行う歯面清掃)・キシリトールガム・フッ素入り歯磨き粉

お子様に
乳歯や生えたての永久歯は、まだ柔らかくて弱い為とてもむし歯になりやすい状態にあります。
フッ素を継続して塗ることで、歯の質を強化し、むし歯に強い歯を育てることができます。
おすすめ→歯科でのフッ素塗布・フッ素入り歯磨き粉・キシリトールタブレット

大人に
30代以降は、歯周病が進行したり、歯ぎしりによって歯が削れ、知覚過敏になりやすくなったり、様々な症状が出てきます。
また、歯と歯の隙間が広がり、そこからむし歯が出来てしまうリスクも高くなります。

これらにもフッ素が有効です。
おすすめ→PMTC(歯科衛生士が行う歯面清掃)・フッ素入り歯磨き粉・キシリトールガム

お年寄りに
歯周病と共に、歯ぐきの退縮もみられるようになり、歯根のセメント質が露出しやすくなります。
エナメル質に比べてとてもむし歯になりやすい箇所なので、フッ素で歯質強化を目指しましょう。
おすすめ→PMTC(歯科衛生士が行う歯面清掃)・歯科でのフッ素塗布・フッ素入り歯磨き粉



 
院内報【伝人】2015 | permalink | - | - | pookmark |