美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クリスマス🥂 | main | 最近の出来事 >>

なぜ、乳歯の虫歯は早く治療しないといけないの?

乳歯は虫歯になりやすく、進行が早く、気がつきにくい

歯の表面はエナメル質で覆われています。エナメル質は体の中で一番堅い場所です。しかし、乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄く柔らかいので、虫歯になりやすく、虫歯の進行が早いのです。 乳歯の虫歯は、あまり痛みを感じません。子どもが痛みを訴える頃には、かなり進行していることが多く、虫歯が歯の神経にまで達していることがよくあります。また、見た目は小さくても、中で虫歯が広がっていることもあります。

 

乳歯は抜け替わるのに、どうして治療しなくてはいけないの?

子どもの歯はいずれ永久歯に抜け替わるから、虫歯になっても治療しなくてもよいのでは?と思っているお父さんやお母さんはいませんか? それは大きな間違いです! お子さんの体の成長とともに、6歳くらいから順次、乳歯が永久歯に抜け替わっていきます。 乳歯は、永久歯が生えてくる時の道しるべにもなりますから、乳歯が虫歯で早く抜けてしまったら大変。永久歯が所定の場所に生えることが出来なくなります。さらに、虫歯は感染症なので、お口の中が汚れていると、永久歯まで虫歯になってしまう可能性が高まります。

 

子どもの虫歯を予防するための生活習慣

毎日の生活習慣が、虫歯予防にはもっとも大切。正しい知識を持って、予防の意識を高めましょう。また、虫歯は早期発見が重要です。少なくとも4ヶ月に一回は歯科医院でチェックを受けましょう。

 

虫歯を予防するための4つの生活習慣

1,仕上げ磨きはしっかりと!

虫歯は歯と歯の間など、歯ブラシが届きにくいところに出来ます。歯ブラシだけでなく、フロスタフトブラシもうまく利用して、汚れが付きやすい場所まで丁寧に汚れを落としましょう。

2,虫歯の原因菌を口の中に入れない!

お口の中の環境は2〜3歳までに決まり、この間に虫歯菌が定着しなければ虫歯になりにくいことが分かっています。虫歯は感染症です。大人が使用したスプーンやお箸や食器を共有しない、食べ移しをしない、キスをしないなど気をつけましょう。

3,おやつや甘い飲み物をあげすぎない

おやつやジュースをだらだらと食べていると、虫歯になりやすくなります。時間をきめて飲食させるほか、その後には歯を磨く習慣を付けましょう。

4,よく噛んで食べる習慣をつける

よく噛んで食べると、唾液がたくさん分泌され、虫歯菌が活発に活動しにくい状態になります。虫歯予防のためにはよく噛んで食べることも大切です。

院内報【伝人】2017 | permalink | - | - | pookmark |